鼠径ヘルニアという病気は手術でしか治療ができません。

鼠径ヘルニアの手術においては“鼠径部切開法”“腹腔鏡法”の2種類の術式があります。また近年では、手術や麻酔方法、医薬・医療機器の目覚ましい進歩により“日帰り手術”で治療を行う医療機関も増えてきています。

今回は鼠径ヘルニアの治療について特集します。

鼠径ヘルニアは手術でしか治療ができない

鼠径ヘルニアは、手術でしか治療できません。

ヘルニアバンドや脱腸帯などを使われる方もおられますが、これは圧迫して脱腸するのを防ぐのみで、その圧迫を解除すれば再び脱腸が発生します。ヘルニアバンドの長期使用は、圧迫によって組織が硬くなったり癒着して、手術による治療の妨げになる事があります。

また鼠径ヘルニアでは、薬や運動療法といった分野で有効なものもありません。

鼠径ヘルニアの治療法

鼠径ヘルニアの治療では、脱出した腸をお腹に戻す手術を行います。

手術により脱出した腸をお腹に戻した後、再度脱出しないように医療用のメッシュで脱出口を覆います。医療用のメッシュは長年手術で使用実績があり、安全性が確立されたポリプロピレンという材質でできています。

mesh
inguinalhernia-treatment_img2_pc

鼠径ヘルニアの手術については、大きく分けて2つの術式があります。一つは鼠径部を5~6cm切開をする“鼠径部切開法”です。もう一つは腹腔鏡を用いる“腹腔鏡法”です。

Gi外科クリニックでは、患者さんの身体へのダメージと早期の社会復帰を考慮して“腹腔鏡法”を採用しています。

腹腔鏡法を用いた鼠径ヘルニアの治療

鼠径ヘルニアの手術の術式“腹腔鏡法”においても、2種類の方法があります。

一つ目は腹腔内(お腹の中)に入り、腹膜(内臓を包む膜)を開けて腹壁を修復する方法です。この方法を “TAPP法”と言います。近年の報告では、鼠径ヘルニアの腹腔鏡下手術の約75%はこのTAPP方法です。

二つ目は、腹腔内には入らず、腹腔外で腹壁を修復する方法です。この方法を“TEP法”と言います。TEP法は鼠径ヘルニアの腹腔鏡下手術の約25%となっています。

inguinalhernia-treatment_img4
inguinalhernia-treatment_img5

Gi外科クリニックでは、腹腔鏡法の中でも“TEP法”を採用して治療を行っています。

日帰り手術による鼠径ヘルニアの治療

近年、手術や麻酔方法、医薬・医療機器の目覚ましい進歩により、当日に来院し、手術を受け、その日に帰宅できる“日帰りの手術”が可能になってきました。鼠径ヘルニアの治療においても、日帰り手術で治療を行う医療機関が増えてきています。

Gi外科クリニックでも、日帰り手術での治療を行っています。
日帰り手術は、患者さんの日頃の生活リズムを大きく崩さず手術ができる利点があります。そのため早期の社会復帰が可能です。

日帰り手術を可能とするには、体へのダメージが少ない低侵襲と安全性が担保される必要があります。当院で行う腹腔鏡法による鼠径ヘルニアの手術は、低侵襲性から早期の社会復帰が可能と言われています。

TOP