栄養学

ビタミンとは?種類と栄養について

こんにちは、管理栄養士の尾上です。

ビタミンとは、わたしたちのカラダを正常に維持するうえで補助的にはたらく微量な栄養素のことです。
体内で合成できないか、できてもごくわずかな量なので、必ず食事から摂取する必要があります。

今回は、「ビタミン」について解説していきたいと思います。

ビタミンとは

冒頭でもお話ししましたが、ビタミンとは、わたしたちのカラダを正常に維持するうえで補助的にはたらく微量な栄養素のことです。

体内で合成できないか、できてもごくわずかな量なので、必ず食事から摂取する必要があります。

不足したり、逆に摂りすぎたりすると、欠乏症、過剰症があります。

炭水化物、タンパク質、脂質の3大栄養素に加えて、ビタミン、ミネラルと併せて5大栄養素といいます。

どれもわたしたちのカラダには欠かせない必須栄養素です。

水溶性ビタミンと脂溶性ビタミン

ビタミンの種類は13種類あり、水に溶けやすい水溶性ビタミンと脂溶性ビタミンに分けられます。

他の記事でも詳しく取り上げているので参考にしてみてください。

水溶性ビタミン9種類

ビタミンB1
ビタミンB2
ビタミンB6
ビタミンB12
ナイアシン
ビオチン
パントテン酸
葉酸
ビタミンC

脂溶性ビタミン4種類

ビタミンA
ビタミンD
ビタミンE
ビタミンK

に分けられます。

サプリメントのビタミン

栄養素は食べ物から摂取するのが基本です。

ですが忙しい現代人にとって、食事のバランスを常に整えるのはなかなか難しいとも思います。

健康のためにサプリメントを取り入れている方も多いかと思います。

しかし、まちがった服用の仕方をしてしまうと、副作用が出ることもあります。

サプリメントを取り入れる前はできれば医師や薬剤師に相談の上、上手に活用しましょう。

また、各ビタミンの特徴について知っておくことも大切です。

まとめ

ビタミンはよくサプリメントとしても売られていて、取り入れている人も多いかと思います。
ですが、サプリメントなどのビタミンは食べ物のビタミンと違って、体内に留まる時間が極端に短いとも言われています。
サプリメントを補助的に使用するのは問題ないですが、基本は食事から栄養をバランスよく取り入れるようにしましょう。

今回は「ビタミン」について解説しました。

関連記事

TOP