栄養学

夏場の食中毒予防について

こんにちは、管理栄養士の尾上です。

夏場は湿度や気温が高くなり、細菌が増えやすい季節です。
食中毒と聞くと飲食店や、給食施設などをイメージされるかもしれませんが、家庭の台所でも食中毒は起こります。
食中毒について正しい知識をつけて、しっかり予防しましょう!

今回は「夏場の食中毒予防」について解説していきたいと思います。

食中毒予防の3原則

食中毒を予防するには、「つけない」「増やさない」「やっつける」という3原則が基本となります。

つけない

わたしたちの手には思っている以上の雑菌がついています。
手についている雑菌が、調理前の食べ物について食中毒の原因となることがあります。
菌を食べる状態の食品に「つけない」ことが重要です。
生のお肉やお魚などを調理する際は、しっかりと手を洗ってから食器などに触れるようにしましょう。
また、調理の際はしっかりと加熱することも大事です。

増やさない

細菌のほとんどは高温多湿の環境で増殖します。
細菌が増殖しないように食材の保管には気を付けることが大切です。
夏場は特に冷蔵庫の中をこまめに整理整頓しましょう。
また、冷蔵庫を過信せず、食材は早めに調理をして食べ切ることも大切です。

やっつける

中には熱に強い細菌や毒素もありますが、増殖してしまう前に殺菌できれば食中毒は起きません。
調理における殺菌は「よく加熱すること」が基本です。
特にお肉は中心部までよく加熱することがポイント。
また、生のお肉屋お魚、卵などを扱った調理器具などは、熱湯をかけて殺菌しましょう。

家庭で実践できること

食中毒は大量調理を行っている施設だけではなく、家庭でも十分に起こり得ます。
家庭でも気をつけることができるポイントをまとめてみました。

・肉、魚、野菜などの生鮮食品は新鮮な物を購入しよう
・食材は持ち帰ったらすぐに冷蔵庫や冷凍庫に入れよう
・包丁、食器、まな板、ふきん、たわし、スポンジなどは、使った後すぐに、洗剤と流水で良く洗おう
・加熱して調理する食品は十分に加熱しよう
・食卓に付く前にしっかり手洗いしよう
・時間が経った食材は思い切って捨てよう

参考:(厚生労働省

まとめ

食中毒は夏場によく注意喚起されますが、通年通して気をつけていきましょう。

今回は「夏場の食中毒予防」について解説しました。

関連記事

TOP