栄養学

納豆|食べ物の栄養

こんにちは、管理栄養士の尾上です。

納豆は健康にいいということはみなさんご存知だと思います。
ですが実際はどんな栄養素がどのくらい含まれていて、なにが健康にいいのかはあまり知られていないのも事実です。

今回は「納豆の栄養」について解説していきたいと思います。

納豆の栄養について

ここでは納豆の栄養成分を解説していきたいと思います。

納豆は1パックで多くの栄養素が含まれていることが分かります。

注目したいのは5大栄養素(炭水化物、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラル)に加えて食物繊維も摂取できるところ。

納豆のタンパク質はアミノ酸組成も良く、「良質なタンパク質」と言えます。

納豆菌とは

納豆菌とは納豆を作るのに欠かせない菌です。

胃酸に強いので、生きたまま腸に届いて増殖し、腸内環境をよくするはたらきがあります。

また、納豆のネバネバした成分、ナットウキナーゼという酵素はこの納豆菌から作られています。。

ヨーグルトや乳製品などに含まれるビフィズス菌や乳酸菌とも相性がよいので、腸をきれいにしてくれる効果があります。

まとめ

納豆は昔からよく食べられてきて、わたしたち日本人のカラダに合う食材のひとつです。
食事に納豆を1日1パック取り入れてみてはいかがでしょう。

今回は「納豆の栄養」について解説しました。

参考:(五訂 食品成分表)

関連記事

TOP